アメリカのレイプと日本の強姦罪の概念・法律の違い

海外では夫が妻からレイプされたと家庭裁判所に離婚の申し立てをするという話を聞いたことがありませんか?たぶん聞いているときは、笑い話として聞いていると思います。

アメリカでは性的虐待について広く意識しています。男性であろうが、女性であろうが「無理強いを強要されたらレイプされた」ということなのです。これもRape(レイプ)の法律の概念です。そしてもちろんレイプは罪です。
また、女性、男性関わらず、誰かから非合意に何かを入れられたらすべてレイプです。

日本の強姦罪はどうでしょうか?
日本はわいせつ罪と強姦罪で重さが違いますが、男性から女性がレイプされたときのみレイプなのです。

ウィキペディアを引用してみます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%A7%A6%E7%BD%AA
「原則として男性であり、女性は強姦の実行行為である姦淫を行うことはできない(女性は単独で直接正犯となりえない)。(中略) 女性による強姦、男性への強姦には、たとえ性器の著しい損傷があったとしても強姦罪は適用されない(中略) 男性による淫具を用いた性暴力も強姦罪では処罰されない。またアナルセックスは、被害者が女性であっても強姦罪の適用範囲外である。」

日本とアメリカの概念の違いがわかりますか?

LGBTとしてのアサイラムの申し立てにとても大切なものは、精神的苦痛、肉体的苦痛、それに伴い付きまとう恐怖について説明してくださいというものです。その説明の中で、もちろん先のブログで説明している犠牲者としてのVAWAや、拷問という定義なども含み、そして、レイプされたことに対する苦痛、恐怖、被害・犠牲などが検証されます。

レイプに関しては、上述するように強要されることによって苦痛が生じるので、拷問の一環に当てはまります。拷問として検証される場合に、「ある環境の中で(無理強いという抗うことが出来ない状況)、誰かによって(この場合はレイプしている側)及ぼされた精神的または肉体的に酷い苦痛」として導き出されます。

そのため、我々スタッフはレイプされたことがありますかや、苦しい体験をしたことがありますか?などを聞いています。

思い当たることがあれば、どんどん状況を説明してください。もしかしたら、それらの事実から、別のビザ・ステータスの道が浮き彫りになるかもしれません。方法はたくさんあるのです。

カテゴリー: LGBT   パーマリンク