オバマ大統領の新しい移民法案

皆さん、こんにちわ。

Thanks Giving、BlackFridayも過ぎ、本格的に寒さが増してきています。皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日2014年11月20日にオバマ大統領が新しい移民の為の法案を発表しました。

それによると、今後その法律が出来上がるということで、今回はそのアウトラインの説明でしたが、1) 5年以上アメリカにいる不法滞在の人たちが対象で、2) アメリカ市民権を持つまたは永住権を持っている子供がいること。その2つの条件に相当する人々に対し、今後強制送還を免れるように、滞在が合法であるようにするという事です。

しかし、今回のスピーチでも触れている通り、この案は将来永住権や市民権に変えられるようなものではなく、滞在が「不法滞在」から「合法滞在」になるにとどまるとの事です。

ところで、考えようによっては、お子様がいらっしゃる人々には広く当てはまる法律となりますので、活用されることをお勧めいたします。オバマ大統領も話している通り、子供を抱えて、自分たちのステータス、引いては強制送還の心配をするのは生活環境としておかしい話だと触れています。

今後労働許可書がこの案から出されるのか・・・などはまだ未定の為、随時アップデートするつもりですので、ご覧ください。また、お気軽にお問合せください。

カテゴリー: LGBT, 同姓婚   パーマリンク