HOME > アメリカLGBTの状況

アメリカLGBTの状況

アメリカはLGBTの人々に対し、庇護対象として移民する可能性を与えています

アメリカのアサイラム(Asylum)は、迫害を受けている人を対象にアメリカ政府が保護する人道支援プログラムです。毎年「迫害や恐怖に苦しんでいる」人々を対象に保護を行っており、その対象は以下の通りです:
- 人種
- 宗教
- 国籍
- 特殊な環境下に置かれている人々
- 政治見解

特殊な環境下に置かれ、迫害や恐怖に苦しんでいる人々の中にLGBTの窓口を大きく開いているため、人権問題で悩んでいる人々はアメリカの永住権を勝ち取り、アメリカに移民する機会が与えられています。

日本でのLGBTの環境について

日本ではバラエティ番組などの芸能界という特殊な分野ではLGBTの人々が活躍できる土壌がありますが、普通の生活の中では、社会的な意味において、まだまだ差別があり、場合によっては社会的抹殺の危険などもあり、日本でLGBTとして生きるのは難しい状況といえるでしょう。

個人が生きる意味とは

差別や嫌がらせに対して、日本社会は本当の意味で守ってくれません。家族の風土も身内にそのような人がいたら恥ずかしい、勘当するという雰囲気がたくさん残っています。結婚も出来ないので、本当の幸せとは何だろう、自分を隠して生きていくということは何なんだろうという問いかけが絶えず尽きない状況と言えるでしょう。

アメリカのLGBTに対する環境

アメリカの場合、1つ1つのコミュニティは小さくとも、それぞれの地域にたくさんのLGBTの人々を対象としたサポートや施設があります。例えば、サンフランシスコがゲイの発祥地ですが、各州の各町にゲイやレズビアンの人々が住んでおり、それぞれの場所にコミュニティとサポート環境が整っています。アメリカの場合は、そのようなコミュニティが法律事務所や医療環境を整えているので、日本に比べてはるかに暮らしやすく、生き生きと自分らしく過ごせます。

アメリカと日本の決定的な違いってなんだろう?

日本とアメリカの違いは社会のバックアップがあるかどうかではないでしょうか。日本では出会いの場所はありますが、社会的にはサポートされていないと言えますので、出会いも継続した関係をお互いに築いていくのは難しいといえます。日本は、生活をするという意味では、自分を隠して生活していかなくてはなりませんし、法律制度や社会的サポートは非常に乏しいのが現実です。

その点アメリカは、アサイラムを始めとして法律や人権がLGBTを擁護し、そして地域的に社会的サポートを支援している団体がたくさんあり、個々人でもLGBTの人権運動などに参加するなどのことが可能です。また、人権を通した雇用の平等が職場でも適用されるため、LGBTの人々が働きやすい環境になっています。

法的なサポート

日本では嫌がらせなどを受ける恐れがあり、名誉毀損など取り上げたら切が内容な場面がたくさん起こりうる可能性を秘めた社会環境ですが、アメリカではそれらの問題も合法的に対処するすべがたくさんあります。また地域のサポートもLGBT専門スタッフのみではなく、各地のソーシャルワーカーなどの組織に相談しても、然るべき手順をアドバイスしてもらえるため、人権としてのマナーが整っています。

アメリカのLGBTグループ・地域のサポートの現状

アメリカのLGBTのコミュニティサイトを閲覧すると、ハラスメント、いじめ、ストレスなどから立ち直るための医療サポート、LGBTの社会復帰のための仕事のトレーニング、法律相談、弁護士探しのサポートなど様々な分野からのサポートや相談窓口がたくさん用意されています。

一人で悩まず、個々のセクシュアリティやアイデンティティーを尊重しながら、カミングアウトし、ポジティブなイメージでサポートを選べますし、いつでも参加できます。

日本のLGBTの海外進出

インターネットの普及により、昔と違い、日本のLGBTの人々もアジア諸国やアメリカ、ヨーロッパとコンタクトを取り合うことが多くなっているため、移住を考えることも昔より多いのではないかと思います。現に留学しながら、海外を体験する人々の数は増えています。昔よりも海外進出が身近になったと言えるでしょう。

日本は物に溢れて恵まれていることもたくさんありますが、長い人生の中では、やはり自分のセクシュアリティや個人のアイデンティティを見直し、直視しなくてはいけません。アメリカでの生活は遥かに自分らしさを取り戻せるチャンスが得られます。